コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂米団治(4代) かつら よねだんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂米団治(4代) かつら-よねだんじ

1896-1951 大正-昭和時代の落語家。
明治29年9月3日生まれ。45年3代桂米団治に入門,米之助を名のる。昭和12年5代笑福亭松鶴(しょかく)の楽語荘に同人として参加。18年4代を襲名。一時代書屋をいとなみ,その経験から「代書屋」を創作した。昭和26年10月23日死去。55歳。大阪出身。本名は中浜賢三。
【格言など】芸人の末路あわれは覚悟の前やで(弟子たちへのことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂米団治(4代)の関連キーワード新藤兼人樋口一葉斎藤寅次郎市川崑深刻小説木下恵介久松静児マキノ雅広トムソン(Sir Joseph John Thomson)ANZUS条約

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android