コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃井幸若丸 もものいこうわかまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃井幸若丸
もものいこうわかまる

幸若舞の始祖と伝えられる桃井直詮の幼名。系譜によると,南北朝時代の北陸の武将桃井直常の孫で,父の死後,親族である叡山光林房の詮信のもとに預けられ,修行中草紙類に節をつけて歌ったのが幸若舞の始りといい,幸若舞の名称は幸若丸をとったと伝えられる。しかし系譜には諸説あり,生年は明徳4 (1393) 年とも応永 10 (1403) 年とも記し,没年は文明2 (70) 年とも同 12年ともいい,父の名,直詮の名ともにまちまちで,幸若舞の始祖としての桃井直詮説には疑問が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もものい‐こうわかまる〔もものゐカウわかまる〕【桃井幸若丸】

幸若舞の創始者と伝えられる人物。越前の人。南北朝時代の武将桃井直常の孫といわれる。名は直詮(なおあき)。幸若丸は幼名。室町前期、比叡山の稚児であったとき、平曲声明(しょうみょう)などを取り入れて幸若舞を始めたとされる。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もものいこうわかまる【桃井幸若丸】

南北朝後期の幸若舞の始祖といわれる人。越前の人。武将桃井直常の孫といわれる。幸若丸は幼名、長じて直詮なおあき。比叡山の稚児であったとき、軍記・草子に節付けをして幸若舞を創始したと伝えられる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の桃井幸若丸の言及

【桃井直詮】より

…室町前期の人物で幸若舞(こうわかまい)の祖と伝えられる。生没年不詳。直詮を〈なおあき〉と読むこともある。幸若系図などの伝承によると,足利氏の一族で,尊氏と戦って滅んだ武将桃井直常の孫で,若くして叡山に入り声明(しようみよう)をよくし,のち工夫して舞を始め,幼名幸若丸にちなんで幸若舞と称されたと伝える。また,後小松天皇に召されたとか,朝倉孝景に仕えて3000貫を領したとか伝える。直詮の出身地は越前国西田中(現,福井県丹生郡朝日町)で,この地は江戸中期まで院内(いんない)とも呼ばれていたところから,武将の子孫とするのは仮託で,実は低い身分の出身とする説があり,敗残の将が芸能民に身を寄せたとも考えられるから,系図などの伝承を大筋で認めてよいとする説などもある。…

※「桃井幸若丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone