コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原楯雄 くわばら たてお

1件 の用語解説(桑原楯雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原楯雄 くわばら-たてお

1851-1918 幕末-明治時代の神職。
嘉永(かえい)4年10月生まれ。家は駿河(するが)(静岡県)の焼津神社の神主。慶応4年桑原真清(まきよ),大久保春野らのすすめで太田健太郎らと赤心隊を組織し,新政府軍に同行して江戸で警備にあたる。明治2年招魂社(靖国神社)の社司。のち帰郷して真清の養子となった。大正7年4月10日死去。68歳。旧姓は鈴木。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑原楯雄の関連キーワード米騒動公益質屋干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争リゴレットギュツラフ真葛長造気成

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone