コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原楯雄 くわばら たてお

1件 の用語解説(桑原楯雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原楯雄 くわばら-たてお

1851-1918 幕末-明治時代の神職。
嘉永(かえい)4年10月生まれ。家は駿河(するが)(静岡県)の焼津神社の神主。慶応4年桑原真清(まきよ),大久保春野らのすすめで太田健太郎らと赤心隊を組織し,新政府軍に同行して江戸で警備にあたる。明治2年招魂社(靖国神社)の社司。のち帰郷して真清の養子となった。大正7年4月10日死去。68歳。旧姓は鈴木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桑原楯雄の関連キーワード狩野利房郡葆淙小島盛可指田詮沢田頼徳須田伊織高津運記幡鎌隆俊宮崎元胤六人部是愛