コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼津神社 ヤイヅジンジャ

3件 の用語解説(焼津神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やいづ‐じんじゃ【焼津神社】

静岡県焼津市にある神社。祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)ほか三神。俗称、入江(いりえ)さん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

焼津(やいづ)神社

静岡県焼津市にある神社。409年創祀。祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)、吉備武彦命(きびのたけひこのみこと)、大伴武日連命(おおとものたけひのむらじのみこと)、七束脛命(ななつかはぎのみこと)。入江大明神とも呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼津神社
やいづじんじゃ

静岡県焼津市焼津に鎮座。旧県社。祭神は本殿に日本武尊(やまとたけるのみこと)、相殿(あいどの)に尊の東征に従った吉備武彦(きびのたけひこ)、大伴武日連(おおとものたけひのむらじ)、七束脛(ななつかはぎ)を祀(まつ)る。焼津は、景行(けいこう)天皇40年、日本武尊が東国征定の途中、野火の難にあい、向火(むかいび)をつけて草薙剣(くさなぎのつるぎ)で草を薙(な)ぎ払った所という、『日本書紀』の地名起源説話に由来する。当社の創建年代は不明であるが、『駿河国風土記(するがのくにふどき)』では反正(はんぜい)天皇4年と伝える。927年(延長5)成立の『延喜式(えんぎしき)』神名帳には国幣の小社として記載する。今川氏は社領500石を寄進、また徳川家康は社殿を造営し、70石の朱印地を寄せた。例祭は8月13日で、神輿(みこし)渡御があり「焼津の荒祭り」として名高い。[土岐昌訓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼津神社の関連キーワード静岡県焼津市大静岡県焼津市小浜静岡県焼津市坂本静岡県焼津市三ケ名静岡県焼津市田尻静岡県焼津市西焼津静岡県焼津市花沢静岡県焼津市飯淵静岡県焼津市焼津静岡県焼津市八楠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焼津神社の関連情報