コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原鷲峰 くわばら しゅうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原鷲峰 くわばら-しゅうほう

1819-1866 江戸時代後期の儒者。
文政2年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の人。佐藤一斎にまなぶ。紀伊(きい)田辺(和歌山県)や京都で私塾をひらき,安政のころに田辺領主安藤家にまねかれ,文久2年修道館の頭取となった。慶応2年6月21日死去。48歳。名は啓,のち忱(しん)。通称は元吉郎。別号に陸仙。著作に「観星録」「鷲峰文集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑原鷲峰の関連キーワード儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android