コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑天牛 クワカミキリ

デジタル大辞泉の解説

くわ‐かみきり〔くは‐〕【桑天牛】

カミキリムシ科の昆虫。体は黒褐色で、黄灰色の毛が密生する。幼虫は桑・イチジク・ビワなどの幹を食い、穴をあける。北海道を除いて普通にみられる。びわむし。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くわかみきり【桑天牛】

カミキリムシの一種。体長4センチメートル 内外。体は黒色で、灰黄色の微毛に覆われる。触角はむち状で長く、黒色と青白色のだんだら縞がある。幼虫はクワ・ビワ・イチジク・リンゴなどの幹に穴をあけて害を与える。本州・四国・九州に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桑天牛 (クワカミキリ)

学名:Apriona japonica
動物。カミキリムシ科の昆虫

桑天牛 (クワカミキリ)

動物。カミキリムシ科の昆虫。キボシヒゲナガカミキリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

桑天牛の関連キーワード青白色分布内外触角黒色

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android