コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑田秀延 くわたひでのぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑田秀延
くわたひでのぶ

[生]1895.2.28. 香川
[没]1975.4.16.
キリスト教神学者。 1911年日本基督教会高松教会で受洗。明治学院神学部,オーバーン神学大学を経て 22年ハーバード大学神学部大学院修了。 24年明治学院神学部教授となって以来,日本神学校,日本神学専門学校各教授を経て 49~67年東京神学大学学長。 67~73年フェリス女学院長。 44年間にわたって組織神学とキリスト教倫理の教授として過し,神学教育の第一線に立って多くの伝道者を養成した。また日本における弁証法神学の紹介者として功績があった。著作は『桑田秀延全集』 (7巻,1975~76) にまとめられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑田秀延 くわた-ひでのぶ

1895-1975 大正-昭和時代の神学者。
明治28年2月28日生まれ。アメリカのハーバード大に留学し,大正13年母校明治学院の教授。日本神学校教授などをへて昭和24年東京神学大学長。42年フェリス女学院院長。プロテスタント神学の教育に指導的役割をはたした。昭和50年4月16日死去。80歳。香川県出身。著作に「基督教神学概論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桑田秀延の関連キーワード桑田 秀延昭和時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android