コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井熊太郎 さくらい くまたろう

美術人名辞典の解説

桜井熊太郎

弁護士・法学士。東京生。桜井敏夫の父。号は高梁。明治28年帝大法科卒。娼妓自由廃業論を主唱。38年日比谷騒擾事件では河野広中等と行動を共にした。明治44年(1911)歿、48才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井熊太郎 さくらい-くまたろう

1864-1911 明治時代の弁護士。
元治(げんじ)元年生まれ。内務省にはいり,拓殖務省にうつる。明治32年退官して弁護士となる。娼妓の廃業問題,足尾鉱毒事件について論じ,38年には日露戦争の戦後処理を非難して世論にうったえた。明治44年3月1日死去。48歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。帝国大学卒。号は禿山,不苟軒,高梁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井熊太郎の関連キーワード明治時代元治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android