コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜木紫乃 さくらぎ しの

3件 の用語解説(桜木紫乃の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

桜木紫乃

日本の小説家。1965年4月19日、北海道生まれ。高校を卒業後、裁判所勤務を経て結婚し、専業主婦となる。2002年に「雪虫」でオール讀物新人賞を受賞し、07年に同作を収録した単行本『氷平線』(文藝春秋)でデビュー。13年、『ラブレス』(新潮社)で島清恋愛文学賞を、『ホテルローヤル』(集英社)で直木賞を受賞した。直木賞受賞作は、北海道・釧路のラブホテルを舞台にした連作短編集で、ホテルにまつわる男女の生きざまが描かれている。

(2013-7-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくらぎ‐しの【桜木紫乃】

[1965~ ]小説家。北海道の生まれ。平成14年(2002)「雪虫」でオール読物新人賞を受賞し、平成19年(2007)単行本「氷平線」でデビュー。「ホテルローヤル」で直木賞受賞。他に「ラブレス」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜木紫乃 さくらぎ-しの

1965- 平成時代の小説家。
昭和40年4月生まれ。中学時代から創作に取り組む。高校卒業後,裁判所勤務,結婚を機に退職。鳥居省三主宰の「北海文学」同人。平成14年「雪虫」(「氷平線」所収)でオール讀物新人賞。25年「ラブレス」で島清恋愛文学賞。同年北海道釧路のラブホテルを舞台にした連作「ホテルローヤル」で直木賞を受賞。北海道出身。釧路東高卒。著作はほかに「凍原」「恋肌」「起終点駅(ターミナル)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桜木紫乃の関連キーワード岡田三郎中村武羅夫和田芳恵ゴンクール赤江瀑大倉燁子川又千秋畔柳二美辻村もと子吉田十四雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜木紫乃の関連情報