コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜田治助(1世) さくらだじすけ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜田治助(1世)
さくらだじすけ[いっせい]

[生]享保19(1734)
[没]文化3(1806)
歌舞伎作者。俳名左交。壕越二三治の門弟。天明歌舞伎の巨匠。主として市川団十郎,団蔵,中村仲蔵に時代狂言を,松本幸四郎,尾上松緑らに世話狂言を,瀬川菊之丞,岩井半四郎のために舞踊劇を執筆。その筆致は桜田風と称されて名声があった。舞踊劇『荵売 (しのぶうり) 』『高尾懺悔』『身替りお俊』『戻駕 (もどりかご) 』などは傑作とされ,狂言では『御摂 (ごひいき) 勧進帳』『伊達競阿国戯場 (だてくらべおくにかぶき) 』『大商蛭小島 (おおあきないひるがこじま) 』などの名作を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桜田治助(1世)の関連キーワード松本幸四郎(八代)天明歌舞伎瀬川菊之丞市川団十郎(八代目)岩井半四郎壕越二三治中村仲蔵舞踊劇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android