桜田治助(1世)(読み)さくらだじすけ[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜田治助(1世)
さくらだじすけ[いっせい]

[生]享保19(1734)
[没]文化3(1806)
歌舞伎作者。俳名左交。壕越二三治の門弟。天明歌舞伎の巨匠。主として市川団十郎,団蔵,中村仲蔵に時代狂言を,松本幸四郎,尾上松緑らに世話狂言を,瀬川菊之丞,岩井半四郎のために舞踊劇を執筆。その筆致は桜田風と称されて名声があった。舞踊劇『荵売 (しのぶうり) 』『高尾懺悔』『身替りお俊』『戻駕 (もどりかご) 』などは傑作とされ,狂言では『御摂 (ごひいき) 勧進帳』『伊達競阿国戯場 (だてくらべおくにかぶき) 』『大商蛭小島 (おおあきないひるがこじま) 』などの名作を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android