コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高尾懺悔 タカオサンゲ

デジタル大辞泉の解説

たかおさんげ〔たかをサンゲ〕【高尾懺悔】

歌舞伎舞踊。長唄本名題「高尾懺悔の段」。藤本斗文作詞、杵屋新右衛門作曲。延享元年(1744)江戸市村座初演。傾城高尾の亡霊が現れて生前のことを懺悔するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高尾懺悔
たかおさんげ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(なだい)『高尾さんげの段』。1744年(延享1)3月、江戸・中村座で市村満蔵が初演。『七種曽我(ななくさわかやぎそが)』という曽我狂言の三番目としてつくられた曲で、作詞藤本斗文(とぶん)、作曲杵屋新右衛門(きねやしんえもん)。八百屋お七が傾城(けいせい)高尾の塚に差しかかると高尾の亡霊が現れ、ありし日の廓(くるわ)の追想、灯籠(とうろう)踊りの音頭などを踊ったあと、いまの地獄の責め苦を物語るという筋(すじ)で、長唄中の名曲ながら、振(ふり)は絶えていたのを、昭和になってお七のくだりは省いて復活された。御家騒動の犠牲になって非業の死を遂げたという名妓(めいぎ)高尾(10代目といわれる)は、歌舞伎では伊達(だて)騒動物に多く登場するが、その亡霊が現世に姿を現すという筋は歌舞伎舞踊の一系列「浅間物」の傍流で、やはり「高尾物」という系列をなしていて、その代表作。詞章がそのまま荻江節(おぎえぶし)に改曲されたのをはじめ、富本節(とみもとぶし)に『新曲高尾懺悔』(1782)があり、変形として富本節『茂懺悔睦言(なつこだちさんげのむつごと)』(扇売(おうぎうり)高尾、1801)、これを常磐津(ときわず)に改作した『和事色世話(やつしごといろのよがたり)』(新高尾、1825)などがある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高尾懺悔の関連キーワード杵屋新右衛門(初代)桜田治助(1世)歌舞伎舞踊松島庄五郎富本節

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android