コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高尾懺悔 タカオサンゲ

2件 の用語解説(高尾懺悔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たかおさんげ〔たかをサンゲ〕【高尾懺悔】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題「高尾懺悔の段」。藤本斗文作詞、杵屋新右衛門作曲。延享元年(1744)江戸市村座初演。傾城高尾の亡霊が現れて生前のことを懺悔するもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高尾懺悔
たかおさんげ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(なだい)『高尾さんげの段』。1744年(延享1)3月、江戸・中村座で市村満蔵が初演。『七種曽我(ななくさわかやぎそが)』という曽我狂言の三番目としてつくられた曲で、作詞藤本斗文(とぶん)、作曲杵屋新右衛門(きねやしんえもん)。八百屋お七が傾城(けいせい)高尾の塚に差しかかると高尾の亡霊が現れ、ありし日の廓(くるわ)の追想、灯籠(とうろう)踊りの音頭などを踊ったあと、いまの地獄の責め苦を物語るという筋(すじ)で、長唄中の名曲ながら、振(ふり)は絶えていたのを、昭和になってお七のくだりは省いて復活された。御家騒動の犠牲になって非業の死を遂げたという名妓(めいぎ)高尾(10代目といわれる)は、歌舞伎では伊達(だて)騒動物に多く登場するが、その亡霊が現世に姿を現すという筋は歌舞伎舞踊の一系列「浅間物」の傍流で、やはり「高尾物」という系列をなしていて、その代表作。詞章がそのまま荻江節(おぎえぶし)に改曲されたのをはじめ、富本節(とみもとぶし)に『新曲高尾懺悔』(1782)があり、変形として富本節『茂懺悔睦言(なつこだちさんげのむつごと)』(扇売(おうぎうり)高尾、1801)、これを常磐津(ときわず)に改作した『和事色世話(やつしごといろのよがたり)』(新高尾、1825)などがある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高尾懺悔の関連キーワード歌舞伎舞踊賤機帯執着獅子双面二人椀久外記猿安宅松歌舞伎狂言素襖落本名題

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone