コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜色 さくらいろ

色名がわかる辞典の解説

さくらいろ【桜色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「ごくうすいみの」としている。一般に、バラ科ヤマザクラの花が咲き誇る姿のような、淡いを表す伝統色名。紅染のもっとも薄い染色の色とされる。かさね色目いろめの名でもあり、表は、裏は紅色か濃い葡萄えびなど。多くの文人、歌人が愛好してきた日本の春の代表色であり、とともに桜は日本の国花とみなされる。現代ではソメイヨシノの代表格であり、この場合は花そのものの色を桜色とする。また「ほほを桜色にそめる」といった使い方をするように清純なイメージがある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

さくらいろ【桜色】

桜の花のような色。薄い紅色。 「目元がほんのり-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桜色の関連キーワード口腔のしくみとはたらき薄桜萌葱・薄桜萌黄サクラエビ(桜蝦)アカボウクジラはまぐち咲良シワハイルカ駿河湾桜えび照国 万蔵サクラエビサクラガイ身替りお俊ドーラン浜口祐夢神谷にこさくら肉桜井千寿桜鹿の子さくら鍋一斤染勝又悠

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜色の関連情報