梁川剛一(読み)やながわ ごういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梁川剛一 やながわ-ごういち

1902-1986 昭和時代の彫刻家,挿絵画家。
明治35年3月30日生まれ。朝倉文夫にまなび,昭和9年帝展特選,以後無鑑査。代表作に「高田屋嘉兵衛」「蝶々夫人」がある。また「少年倶楽部(クラブ)」などに挿絵をかき,「敵中横断三百里」「密林の王者」「怪人二十面相」「リンカーン」などが好評をえた。昭和61年4月26日死去。84歳。北海道出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android