コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅天無明 ばいてん むみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅天無明 ばいてん-むみょう

1607-1676 江戸時代前期の僧。
慶長12年生まれ。臨済(りんざい)宗。もと豊後(ぶんご)(大分県)木付(きつき)藩士。50歳で出家,山城(京都府)妙心寺の愚堂東寔(ぐどう-とうしょく)の法をつぐ。山城白河寺をひらき,伊勢(いせ)(三重県)の慈雲寺の住持となった。延宝4年5月2日死去。70歳。著作に「十魔記」「長養用心記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅天無明の関連キーワード総合年表(アメリカ)ベンティボリオフョードル[3世]インノケンチウス11世アレクセイ・ミハイロビチシデナムライプニッツラーコーツィ家ロイテルハリー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android