コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅擬 ウメモドキ

デジタル大辞泉の解説

うめ‐もどき【梅擬】

モチノキ科の落葉低木。山地に自生。葉はに似て、葉脈上に毛が密生する。雌雄異株。6月ごろ、淡紫色の花をつける。小さな実は熟すと赤く、落葉後も残るので雌木は庭によく植えられる。実の白いものをシロミノウメモドキ、黄色いものをキミノウメモドキという。 秋》「折くるる心こぼさじ―/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うめもどき【梅擬】

モチノキ科の落葉低木。山中に自生する。葉は互生し、ウメに似る。雌雄異株。六月頃、葉腋に淡紫色または白色の四、五弁の花をつける。秋に赤熟、まれに白熟する球形の小果を結ぶ。また庭木ともする。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

梅擬 (ウメモドキ)

学名:Ilex serrata
植物。モチノキ科の落葉低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

梅擬の関連キーワード原羊遊斎紅梅山中葉腋庭木白色