コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅沢孫太郎 うめざわ まごたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅沢孫太郎 うめざわ-まごたろう

1817-1881 幕末の武士。
文化14年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。文久2年将軍後見職一橋慶喜(よしのぶ)の随員として京都にいく。元治(げんじ)元年原市之進とともに一橋家につかえ,禁裏守衛総督,ついで将軍となった慶喜を補佐。維新後駿府(すんぷ)にうつり,徳川家の家扶をつとめた。明治14年5月20日死去。65歳。本姓国友。名は亮,のち守義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅沢孫太郎の関連キーワードバイロンベルクールアレクサンドルアレクサンドル体操競技都市気候ブラジル文学おもなお雇い外国人モンローキンダー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android