梅津利忠(読み)うめづ としただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅津利忠 うめづ-としただ

1637-1690 江戸時代前期の兵法家。
寛永14年7月9日生まれ。梅津憲忠(のりただ)の孫。梅津忠宴(ただよし)の兄。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。今村正員(まさかず)に兵学をまなび,「軍法巻註解」「軍法議論」などをあらわす。また連歌を里村玄祥,和歌を佐竹義寛,中院通茂(なかのいん-みちしげ),禅を慈賢,書を佐々木志頭磨(しずま)にまなんだ。元禄(げんろく)3年3月21日死去。54歳。通称は能登。号は梅叟(ばいそう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android