コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅津忠宴 うめづ ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅津忠宴 うめづ-ただよし

1643-1695 江戸時代前期の武士。
寛永20年3月12日生まれ。梅津憲忠(のりただ)の孫。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。今村正員(まさかず)に兵学を,佃養軒に儒学をまなぶ。寛文3年兄利忠の病気致仕により家督をつぐ。5年家老となり,初期藩財政の充実に手腕を発揮した。元禄(げんろく)8年9月23日死去。53歳。幼名は半蔵。通称は外記,半右衛門。名は「ただやす」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

梅津忠宴 (うめづただよし)

生年月日:1643年3月12日
江戸時代前期の出羽秋田藩士、兵学者
1695年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

梅津忠宴の関連キーワード梅津利忠生年月日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android