コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅雨入り/入梅 ツユイリ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐いり【梅雨入り/入梅】

梅雨に入ること。また、その日。気象学的には5月下旬から6月上旬ころ、陰暦では芒種(ほうしゅ)のあとの壬(みずのえ)の日とされる。梅雨の入り。ついり。にゅうばい。⇔梅雨明け

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の梅雨入り/入梅の言及

【梅雨】より

… 走り梅雨5月25日前後に東日本においてぐずついた梅雨状の気圧配置になり,天気が悪い日が続くこと。 入梅(にゆうばい)梅雨入りともいう。暦の上では二十四節気の一つで,6月11~12日ころ。…

※「梅雨入り/入梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅雨入り/入梅の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)うどんこ病(オーチャードグラス)葉腐病(ベントグラス)紋枯病(トウモロコシ)紋枯病(オオクサキビ)紋枯病(シコクビエ)紋枯病(飼料イネ)紋枯病(エンバク)梅雨(2006年)梅雨(2007年)梅雨(ばいう)うりずん豆県防災の日梅雨・黴雨梅雨前線うりずん平年値荒南風黒南風季節

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android