芒種(読み)ぼうしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芒種
ぼうしゅ

二十四節気の一つ。太陰太陽暦の5月 (5月前半) のことで,太陽の黄経が 75°に達した日 (太陽暦の6月6日か7日) に始り,夏至 (6月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその期間の第1日目をさす。その頃は麦の刈入れ植付けに適した時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (螳螂生,鵙始鳴,反舌無声) に区分した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうしゅ【芒種】

二十四節気の一。五月節気。太陽の黄経が75度に達したときをいい、現行の太陽暦で6月5日頃に当たる。 [季] 夏。
のぎのある作物。稲・麦の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芒種
ぼうしゅ

二十四節気の一つ。5月の節にあたり、旧暦では4月末から5月上旬、新暦では6月8日ごろにあたる。イネやムギなどの芒(のぎ)のある作物の種を播(ま)く時節というところから芒種といわれる。現在の田植の時期は早まったが、昔の田植の時期はこのころであった。気象的にみると、梅雨入(つゆい)りになりかかりのころにあたる。夏の季語。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐しゅ バウ‥【芒種】

〘名〙 二十四節気の一つ。太陽の黄経が七五度のときをいう。陰暦五月の節で、陽暦の六月六日頃に当たる。稲・麦など芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期とされていた。《季・夏》 〔延喜式(927)〕
※俳諧・増山の井(1663)五月「芒種(バウシュ)の節 五月節也」 〔逸周書‐時訓解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芒種の関連情報