霖雨(読み)りんう

精選版 日本国語大辞典「霖雨」の解説

りん‐う【霖雨】

〙 幾日も降り続く。ながあめ。
※続日本紀‐慶雲四年(707)五月戊午「畿内雨損苗」
地蔵菩薩霊験記(16C後)八「然るか霖雨(リンウ)頻にして」 〔書経‐説命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の霖雨の言及

【雨】より


[雨の種類]
 気温などの気象条件,降り方,強度,季節,氷との混在状態によって次のような雨がある。(1)降雨の状態による名称 (a)霖雨(りんう) いく日にもわたって降ったりやんだりする一連の雨。(b)地雨(じあめ) しとしとと続いてなん時間も降る雨。…

【日本列島】より

… 春雷春に鳴る雷で,日本海低気圧からのびる寒冷前線の通過などによって起こることが多い。 春霖(しゆんりん)春の長雨のことで,いく日も降りつづく雨のことを霖雨という。春,北高型気圧配置になると本州の南海上に前線が停滞して長雨となりやすく,雪に変わることもある。…

※「霖雨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android