コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梨の形をした三つの小品 なしのかたちをしたみっつのしょうひん 3 morceaux en forme de poire

1件 の用語解説(梨の形をした三つの小品の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なしのかたちをしたみっつのしょうひん【梨の形をした三つの小品 3 morceaux en forme de poire】

フランスの作曲家E.サティの初期のピアノ連弾のための作品で,1903年に作曲された。独特な神秘思想をもっていたサティは,小節線を取りはずした自由な形式のピアノ曲などを作曲していたが,あるときドビュッシーに形式について配慮するように忠告され,その忠告に対する回答としてこの作品を完成した。この場合のフランス語の〈梨〉は,〈阿呆〉を意味するといわれている。《三つの小品》というタイトルにもかかわらず,〈開始の様式で〉〈同じものの延長〉〈ゆっくりと〉〈奔放に〉〈粗野に〉〈付け加え〉〈言いなおし〉の七つの部分からなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梨の形をした三つの小品の関連キーワード子供の遊びトメビゼーフランセアヴァネーズエジプト風クープランの墓ジュノム左手のためのピアノ協奏曲2つのアラベスク

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone