梶原景高(読み)かじわら かげたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原景高 かじわら-かげたか

1165-1200 平安後期-鎌倉時代の武将。
永万元年生まれ。梶原景時の次男。生田の森の戦いで,父の制止をきかずに平家の陣に先駆けして奮戦する。正治(しょうじ)2年(1200)幕府に謀反をくわだてた父にしたがい京都をめざしたが,駿河(するが)(静岡県)狐崎(きつねがさき)で在地の御家人たちと戦いになり,一族とともに正治2年1月20日討ち死にした。36歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は平次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android