コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶喜一 かじ きいち

美術人名辞典の解説

梶喜一

日本画家。京都生。初号は崇樹。京都絵専卒。都路華香西村五雲山口華楊に師事する。鯉の画の名手として知られる。日展会員・審査員。日展特選・白寿賞受賞。昭和55年(1980)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶喜一 かじ-きいち

1904-1980 昭和時代の日本画家。
明治37年11月7日生まれ。都路華香(つじ-かこう),西村五雲に師事。戦後は日展を中心に出品し,昭和38年「牡牛」,42年「游影」が特選となった。鯉をこのんでえがいた。昭和55年2月15日死去。75歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梶喜一の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android