コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶山関山 かじやま かんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山関山 かじやま-かんざん

1836-1920 明治時代の陶芸家,公共事業家。
天保(てんぽう)7年3月生まれ。三浦乾也(けんや)を神奈川県曾屋村(秦野(はだの)市)にまねいて陶芸をまなび,秦野焼をおこす。川口直次郎らとともに陶管簡易水道の敷設につくし,明治23年完成させた。大正9年7月7日死去。85歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。旧姓は吉田。名は良助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梶山関山の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android