コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶山関山 かじやま かんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶山関山 かじやま-かんざん

1836-1920 明治時代の陶芸家,公共事業家。
天保(てんぽう)7年3月生まれ。三浦乾也(けんや)を神奈川県曾屋村(秦野(はだの)市)にまねいて陶芸をまなび,秦野焼をおこす。川口直次郎らとともに陶管簡易水道の敷設につくし,明治23年完成させた。大正9年7月7日死去。85歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。旧姓は吉田。名は良助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梶山関山の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽ブラジル文学郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone