コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棕櫚草 シュロソウ

デジタル大辞泉の解説

しゅろ‐そう〔‐サウ〕【××櫚草】

ユリ科の多年草山地林下に生え、高さ約60センチ。葉は細長い。下部には古い葉が棕櫚の毛のように残る。夏、黒紫色の花を多数つける。根茎は有毒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅろそう【棕櫚草】

ユリ科の多年草。山中に生える。根茎に棕櫚毛に似た前年の葉鞘の繊維が残る。根生葉は狭披針形。茎は高さ約60センチメートル。夏、黒紫色の小花を円錐状にまばらにつける。根茎は有毒で、農業用の殺虫剤とする。藜蘆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

棕櫚草 (シュロソウ)

学名:Veratrum maackii var.reymondianum
植物。ユリ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

棕櫚草の関連キーワード棕櫚毛披針形藜蘆葉鞘

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android