森山新蔵(読み)もりやま しんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森山新蔵 もりやま-しんぞう

1821-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政4年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の豪商。西郷隆盛らの誠忠組にくわわり,資金面を担当。島津久光が京都にむかったとき大坂で西郷らと画策し,帰藩を命じられた。国元で処分をまっていたが,寺田屋事件での子の新五左衛門の死を知り,文久2年6月自刃(じじん)。42歳。号は棠園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android