コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森崎和江 もりさきかずえ

2件 の用語解説(森崎和江の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

森崎和江【もりさきかずえ】

詩人,評論家。朝鮮,慶尚北道生れ。福岡県立女専家政科卒。丸山豊らの詩誌《母音》に参加し,1958年,谷川雁らと《サークル村》を創刊。また三池炭鉱の反合理化闘争に参加し,反権力側に立つ。
→関連項目上野英信

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森崎和江 もりさき-かずえ

1927- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和2年4月20日朝鮮大邱生まれ。昭和33年筑豊の炭住街にうつり,谷川雁らと「サークル村」を創刊。のち「無名通信」を刊行。三池炭坑闘争に際し,大正行動隊に参加する。反権力の立場から民衆や女性の内面をえがきつづける。福岡女子専門学校卒。詩集に「さわやかな欠如」,評論に「闘いとエロス」,ノンフィクションに「からゆきさん」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森崎和江の関連情報