コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷川雁 タニガワガン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

谷川雁

1923年熊本県生まれ。新聞社勤務を経て58年、上野英信森崎和江らと「サークル村」を創刊し、翌年「工作者宣言」を刊行。詩人、思想家、労働運動家として吉本隆明らとともに60年代の民衆運動に大きな影響を与えた。95年に死去。

(2010-12-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

谷川雁【たにがわがん】

詩人,評論家。本名厳。熊本県生れ。東大社会学科卒業。戦後,西日本新聞社の記者となるが,労働争議を指導し解雇。詩集《大地の商人》(1954年),《天山》(1956年)を刊行し,1958年,森崎和江上野英信らと福岡県中間市で《サークル村》を創刊する一方,積極的に反体制運動を展開,1950年代末の三池闘争(三池争議)に加わり,大正炭鉱を拠点に大正行動隊を組織して活動した。
→関連項目谷川健一谷川道雄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷川雁 たにがわ-がん

1923-1995 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
大正12年12月25日生まれ。民俗学者・谷川健一の弟,東洋史学者・谷川道雄の兄。「西日本新聞」記者となり,「九州詩人」「母音」の創刊に参加。共産党に入党,労働争議で解雇される。昭和29年詩集「大地の商人」,34年評論集「工作者宣言」をだし,三井三池争議や安保闘争を支援。のち「十代の会」「ものがたり文化の会」を主宰した。平成7年2月2日死去。71歳。熊本県出身。東京帝大卒。本名は巌(いわお)。著作はほかに詩集「天山」,評論「原点が存在する」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たにがわがん【谷川雁】

1923~1995) 詩人・評論家。熊本県生まれ。本名、巌いわお。東大卒。社会の底辺に革命や詩の起点を求め、独自な労働運動を展開。評論集「原点が存在する」「工作者宣言」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷川雁
たにがわがん
(1923―1995)

詩人、評論家。熊本県葦北(あしきた)郡水俣(みなまた)町に生まれる。本名、巌(いわお)。眼科医の父侃二(かんじ)の次男。兄は健一(民族学者、評論家、日本地名研究所長)。1942年(昭和17)に東京帝国大学文学部社会学科入学。45年に学徒出陣で千葉県の陸軍野戦重砲兵隊入隊。敗戦(第二次世界大戦)。同大学卒業。西日本新聞社整理部に勤務する。46年九州タイムス記者安西均(ひとし)と知り合い、同紙に執筆。47年安西均、小田雅彦らの『九州詩人』に同人として参加。同年丸山豊、安西均らの『母音』に参加。49年日本共産党九州委員会で活動。50、51年と結核で療養。54年『母音』に「原点が存在する」を書く。当時「東京へゆくな ふるさとを創れ」(「東京へゆくな」・第1詩集『大地の商人』収録)という詩句が喧伝(けんでん)された。58年上野英信(ひでのぶ)(1927―87)、森崎和江(1927― )、石牟礼(いしむれ)道子らと『サークル村』創刊。60年安保闘争で共産党脱党。詩風は喩(たとえ)を駆使した革命的ロマンチシズムともいうべき反逆的な詩を底辺である原点から発するものとして注目された。61年に吉本隆明らと『試行』を創刊(同誌は64年より吉本の単独主宰となる)。1965年以降、いっさいの執筆活動をやめ、上京。翌66年、ラボ教育センターを創立し、子供たちの表現活動を指導する。78年長野県黒姫に移住。80年にラボ関係の職務を離れるが、81年少年少女の成長を期待して「十代の会」を、翌年「ものがたり文化の会」を設立して、児童教育的活動を続けた。
 詩集は『大地の商人』(1954)、『天山』(1956)、『谷川雁詩集』(1960)、『谷川雁詩集』(現代詩文庫2・1968)があり、評論集としては『原点が存在する』(1958)、『工作者宣言』(1959)、『戦闘への招待』(1961)など多数。他に『谷川雁作品集』全5巻(1976~77)がある。[村田正夫]
『『大地の商人』(1954・母音社) ▽『戦闘への招待』(1961・現代思潮社) ▽『谷川雁詩集(現代詩文庫2)』(1968・思潮社) ▽『原点が存在する』(1976・潮出版社) ▽『谷川雁作品集』全5巻(1976~77・潮出版社) ▽『工作者宣言』(1977・潮出版社) ▽『意識の海のものがたりへ』(1983・日本エディタースクール出版部) ▽『極楽ですか』(1992・集英社) ▽『谷川雁の仕事』2冊(1996・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

谷川雁の関連キーワード12月25日上野英信さん小野 二郎中村きい子谷川 雁安西 均平岡正明丸山豊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷川雁の関連情報