上野英信(読み)うえのひでのぶ

百科事典マイペディア「上野英信」の解説

上野英信【うえのひでのぶ】

ルポルタージュ作家。山口県生れ。本名鋭之進。京都大学中退後,福岡県筑豊炭坑夫として勤めつつ,文学運動を組織。1958年谷川雁森崎和江らと《サークル村》を創刊炭鉱労働者の日常を絵ばなしなどの独自の方法で描く。閉山後も住みついて,地底の労働者たちの生身を描き出し,広く反響をよんだ。作品には,《せんぶりせんじが笑った》《親と子の夜》《追われゆく坑夫たち》《日本陥没期》《どきゅめんと筑豊》や,日本近代の基部をさぐる《天皇陛下万歳――爆弾三勇士序説》,また晩年の《眉屋私記》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「上野英信」の解説

上野英信 うえの-ひでのぶ

1923-1987 昭和時代後期の小説家
大正12年8月7日生まれ。炭鉱労働者としてはたらき,昭和33年谷川雁(がん),森崎和江らと「サークル村」を創刊。坑内労働者たちの生活をえがく記録文学などを発表。のち自宅に筑豊文庫をひらいた。昭和62年11月21日死去。64歳。山口県出身。京大中退。本名は鋭之進。著作に「追われゆく坑夫たち」「天皇陛下万歳」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android