コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野英信 うえのひでのぶ

2件 の用語解説(上野英信の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上野英信【うえのひでのぶ】

ルポルタージュ作家。山口県生れ。本名鋭之進。京都大学中退後,福岡県筑豊で炭坑夫として勤めつつ,文学運動を組織。1958年谷川雁森崎和江らと《サークル村》を創刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野英信 うえの-ひでのぶ

1923-1987 昭和時代後期の小説家。
大正12年8月7日生まれ。炭鉱労働者としてはたらき,昭和33年谷川雁(がん),森崎和江らと「サークル村」を創刊。坑内労働者たちの生活をえがく記録文学などを発表。のち自宅に筑豊文庫をひらいた。昭和62年11月21日死去。64歳。山口県出身。京大中退。本名は鋭之進。著作に「追われゆく坑夫たち」「天皇陛下万歳」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上野英信の関連情報