コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森川源三郎 もりかわ げんざぶろう

2件 の用語解説(森川源三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森川源三郎 もりかわ-げんざぶろう

1845-1926 明治-大正時代の農業指導者。
弘化(こうか)2年2月15日生まれ。出羽(でわ)河辺郡(秋田県)新屋村の人。戸長,県勧業掛をつとめ,農事改良に尽力。石川理紀之助(りきのすけ)と農会の組織づくりをすすめ,明治32年県農会会長となる。晩年は上北手の山地に庵をむすび,杉の植林をつづけた。大正15年6月7日死去。82歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森川源三郎

没年:大正15.6.7(1926)
生年:弘化2.2.15(1845.3.22)
明治大正期の篤農家。出羽国河辺郡新屋村(秋田市)に秋田藩取立士族森川又五郎の長男として生まれ,維新後農業に従事する。明治11(1878)年秋田県勧業掛となり農事改良に尽力,14年には全国農談会に県代表として参加した。このころから石川理紀之助と親交を深め,ともに農事改良,農民指導に励む。27年大日本農会幹事長前田正名の依頼を受け石川らと農事奨励のため九州を巡回,帰国後農会組織に奔走し,のち河辺郡農会長,秋田県農会長を務めた。35年再び前田の要請により九州に赴き開拓農民の指導に当たる。晩年は河辺郡上北手村(秋田市)に山荘をかまえ,植林に打ち込んだ。<参考文献>秋田県編『秋田の先覚』2巻

(田口勝一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森川源三郎の関連キーワード羽州探題河辺出羽新屋敷篤農篤農家河辺道綱式地亀七高橋武左衛門吉川類次

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone