コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森恭三 もりきょうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森恭三
もりきょうぞう

[生]1907.9.24. 兵庫
[没]1984.2.15. 東京
新聞記者。 1930年東京大学法学部を卒業後,大阪朝日新聞社入社。 37年ニューヨーク支局員となり,太平洋戦争開戦前夜の日米関係の報道にあたる。戦争中は海軍報道班員として東南アジア方面の前線におもむいた。 52年ヨーロッパ総局長となり,東欧諸国を回って戦後ヨーロッパの変動をいきいきと伝えた。 64年から論説主幹をつとめ,革新的論調を指導し,67年退社後は評論活動を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森恭三 もり-きょうぞう

1907-1984 昭和時代の新聞記者。
明治40年9月24日生まれ。昭和5年大阪朝日新聞社にはいる。12年ニューヨーク支局員。戦時中は海軍報道班員として東南アジアをまわる。戦後は労組委員長。27年ヨーロッパ総局長となり,39年論説主幹。昭和59年2月15日死去。76歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「私の朝日新聞社史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森恭三の関連キーワード新聞記者昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android