コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森村桂 もりむら かつら

1件 の用語解説(森村桂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森村桂 もりむら-かつら

1940-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和15年1月3日生まれ。豊田三郎の長女。昭和41年ニューカレドニア島旅行記「天国にいちばん近い島」がベストセラーになる。結婚,離婚,再婚を経験し,「結婚志願」「それでも朝はくる」「アリスの丘の物語」などの体験的な小説を多数発表した。平成16年9月27日死去。64歳。東京出身。学習院大卒。本名は三宅桂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森村桂の関連キーワード中南米映画ICタグ新体制運動ウォルシュ喜劇映画日中戦争北欧映画アル パチーノ恐怖映画TORICO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森村桂の関連情報