コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森永貞一郎 モリナガテイイチロウ

2件 の用語解説(森永貞一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もりなが‐ていいちろう〔‐テイイチラウ〕【森永貞一郎】

[1910~1986]官僚・銀行家。宮崎の生まれ。大蔵省に入省し主計局長や事務次官を歴任。退官後は日本輸出入銀行の総裁や東京証券取引所理事長などを務め、昭和49年(1974)日本銀行総裁。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森永貞一郎 もりなが-ていいちろう

1910-1986 昭和時代の官僚,銀行家。
明治43年9月9日生まれ。大蔵省にはいり,大臣官房長,主計局長,事務次官を歴任。退官後は中小企業金融公庫,日本輸出入銀行の総裁,東京証券取引所理事長をへて,昭和49年から54年まで日銀総裁をつとめた。昭和61年5月30日死去。75歳。宮崎県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森永貞一郎の関連キーワード新聞小説三原山アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画市川猿之助流行歌広告写真早川純一西畑まどか

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone