コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森浩一 モリコウイチ

デジタル大辞泉の解説

もり‐こういち〔‐カウイチ〕【森浩一】

[1928~2013]考古学者。大阪の生まれ。同志社大教授。考古学と歴史学を結びつける古代学の見地から、古代地域文化の実証に尽力。三角縁神獣鏡の国産説を唱えたほか、陵墓に指定されている古墳を所在地名で呼ぶことを提唱するなど、古代社会の新しい見方を提示した。著作に「古墳の発掘」「巨大古墳の世紀」「地域学のすすめ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森浩一 もり-こういち

1928-2013 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和3年7月17日生まれ。昭和23年同志社大在学中に学生考古学研究会(のち古代学研究会)を設立し,翌年雑誌「古代学研究」を創刊。47年同志社大教授。考古学と歴史学をむすびつける古代学の確立をめざした。24年南方熊楠賞。平成25年8月6日死去。85歳。大阪府出身。著作に「古墳の発掘」「巨大古墳の世紀」「考古学と古代日本」「記紀の考古学」,編著に「日本の古代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森浩一の関連キーワード修羅(器具、装置)百舌鳥古墳群玉手山古墳群誉田山古墳瓢箪山古墳黄金塚古墳古市古墳群黒姫山古墳しょうゆ東シナ海陵墓古墳登呂遺跡新沢千塚大山古墳平塚飄斎黒曜石みそ葺石陪塚木棺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森浩一の関連情報