コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森浩一 モリコウイチ

2件 の用語解説(森浩一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もり‐こういち〔‐カウイチ〕【森浩一】

[1928~2013]考古学者。大阪の生まれ。同志社大教授。考古学と歴史学を結びつける古代学の見地から、古代地域文化の実証に尽力。三角縁神獣鏡の国産説を唱えたほか、陵墓に指定されている古墳を所在地名で呼ぶことを提唱するなど、古代社会の新しい見方を提示した。著作に「古墳の発掘」「巨大古墳の世紀」「地域学のすすめ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森浩一 もり-こういち

1928-2013 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和3年7月17日生まれ。昭和23年同志社大在学中に学生考古学研究会(のち古代学研究会)を設立し,翌年雑誌「古代学研究」を創刊。47年同志社大教授。考古学と歴史学をむすびつける古代学の確立をめざした。24年南方熊楠賞。平成25年8月6日死去。85歳。大阪府出身。著作に「古墳の発掘」「巨大古墳の世紀」「考古学と古代日本」「記紀の考古学」,編著に「日本の古代」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森浩一の関連キーワード吉田文雀森毅天田昭次大久保典夫加藤進鈴木鷹夫立間祥介角田達郎野上竜雄山下和夫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森浩一の関連情報