コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田悟由 もりた ごゆう

美術人名辞典の解説

森田悟由

曹洞宗の僧。曹洞宗第6代管長。永平寺第64世貫首。愛知県生。名は常次郎、大休と号する。名古屋の大光院泰門のもとで出家、江戸駒込の吉祥寺学寮で学んだのち、諸岳奕堂に師事する。奕堂のあとを嗣いで金沢の天徳院住職となり、永平寺六十四世貫主にいたる。大正4年(1915)寂、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田悟由 もりた-ごゆう

1834-1915 明治時代の僧。
天保(てんぽう)5年1月1日生まれ。曹洞(そうとう)宗。諸岳奕堂(もろたけ-えきどう)に師事し,天瑞白竜の法をつぐ。金沢天徳院住職をへて,明治24年永平寺貫主となり,28年曹洞宗管長。宗規の改正,宗門の振興につとめた。大正4年2月9日死去。82歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。号は大休。諡号(しごう)は性海慈船禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森田悟由
もりたごゆう
(1834―1915)

幕末・明治期の曹洞(そうとう)宗の僧。号は大休、勅賜号は性海慈船禅師(しょうかいじせんぜんじ)。名古屋・大光院の竜山泰門(りゅうざんたいもん)について出家し、江戸駒込(こまごめ)・吉祥寺の学寮で修学の間、東条一堂(とうじょういちどう)に漢籍を学ぶ。ついで前橋の竜海院と金沢の天徳院において諸嶽奕堂(もろたけえきどう)に参じ、名古屋の陽泉寺(ようせんじ)の天瑞白竜(てんずいびゃくりゅう)に法を嗣(つ)ぐ。金沢の竜徳寺、玉竜寺、天徳院などを歴住し、宗門の儀軌(ぎき)である『洞上行持軌範(とうじょうぎょうじきはん)』を編み、1891年(明治24)には永平寺64世の貫首(かんしゅ)となり、曹洞宗宗憲の制定に努めた。大正4年2月9日82歳で入寂。[櫻井秀雄]
『『大休悟由禅師広録』六冊(1921・三合庵)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

森田悟由の関連キーワード山腰 天鏡福山 黙堂とうじょう明治時代山腰天鏡新井石禅天保

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android