コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田治郎兵衛 もりた・じろべえ

1件 の用語解説(森田治郎兵衛の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

森田治郎兵衛

没年:延享1.11.3(1744.12.6)
生年:天和3(1683)
江戸中期の機業家。丹後国(京都府)峰山の人。丹後縮緬の創始者のひとり。絹屋佐平治を名乗り,絹織物業を営む。享保4(1719)年,発起して京都西陣の織屋へ奉公。縮緬織の技術習得を計って帰郷するがうまくいかず,翌年,西陣秘伝の撚糸技術を持ち帰りはじめて縮緬製織に成功した。織り上げられた縮緬は京都の丹後屋源右衛門に売り込まれ,丹後縮緬の商品化の嚆矢となる。峰山藩も殖産政策の面から縮緬に注目し,佐平治に「お召・縮緬・ちりめんや」の屋号を与え,「森田治郎兵衛」を名乗らせた。江戸中期において,西陣の技術独占を掘り崩した機業家のひとりである。<参考文献>岩崎英精編『丹後ちりめん始祖伝』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

森田治郎兵衛の関連キーワード延享鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱浮絵八女福島の燈籠人形本殿と遷宮石田梅岩絵本番付延享

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森田治郎兵衛の関連情報