コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峰山藩 みねやまはん

2件 の用語解説(峰山藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

みねやまはん【峰山藩】

江戸時代丹後(たんご)国中郡峰山(現、京都府京丹後市峰山町)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は敬業堂(けいぎょうどう)。丹後国一国を領した宮津城主京極高知(きょうごくたかとも)の養子高通(たかみち)は3000石を拝領していたが、1622年(元和(げんな)8)の高知没後、遺領のうち1万石を分知され、1万3000石で峰山に陣屋を構え立藩した。以後明治維新まで京極氏が12代続いた。宗家である宮津藩の京極氏は66年(寛文(かんぶん)6)に改易(かいえき)され、田辺藩(舞鶴藩)の京極氏も68年に但馬(たじま)国豊岡藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となったため、丹後一国を支配していた京極高知の所領は、丹後では峰山藩だけになった。京極氏は外様だが譜代の格式が与えられ、峰山藩の歴代藩主も若年寄(わかどしより)など幕府要職につく者が多くいた。1871年(明治4)の廃藩置県で峰山県となり、その後豊岡(とよおか)県を経て76年京都府に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

峰山藩
みねやまはん

丹後(たんご)国峰山(京都府京丹後市峰山町)周辺を領有した外様(とざま)小藩。丹後国を領した宮津城主京極高知(きょうごくたかとも)の養子高通(たかみち)は朽木宣綱(くつきのぶつな)の二男で、3000石を知行(ちぎょう)していたが、1622年(元和8)高知没後、遺領のうち1万石を分知され、1万3000石で峰山に陣屋を構えて立藩(のち1万1000石)。1665年(寛文5)高通没後、2代高供(たかとも)、3代高明と続き、7代高備(たかよし)は幕府の一番頭や若年寄となり、文政(ぶんせい)(1818~30)ごろ藩校敬業(けいぎょう)堂を開設。11代高富(たかとみ)は若年寄に就任、12代高陳(たかのぶ)のとき廃藩置県となり、峰山県、豊岡(とよおか)県を経て京都府に編入された。[井上正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の峰山藩の言及

【丹後国】より

…22年(元和8)高知の死後,丹後は宮津(7万8175石,長子高広),田辺(3万5000石,次子高三),峰山(1万石,養子高通)と3藩に分けられた。年貢高については,宮津藩は延宝年間(1673‐81)に平均3割高の延高をしたが,田辺・峰山藩は近世を通じて大きな石高の変動はなかった。宮津藩領は京極氏以降,天領―永井氏―天領―阿部氏―奥平氏―青山氏と支配が変遷したが,1759年(宝暦9)遠江の浜松より本庄氏が入部し,以来7代相ついで廃藩となった。…

【峰山[町]】より

…中世,小西川流域には吉原荘があり,吉原山には丹後守護一色氏の被官吉原氏が築いたという嶺山(みねやま)城(吉原山城)があった。1622年(元和8)京極高知の子高通が峰山に分封され,以後,峰山藩(1万石)の陣屋町として発展した。18世紀初めごろから縮緬(ちりめん)機業が盛んになり,与謝郡加悦谷(かやだに)とともに丹後縮緬の創業地とされる。…

※「峰山藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

峰山藩の関連キーワード杉山丹後掾丹後丹後縮緬丹後半島京丹後丹後縞てんきてんき丹後幾島丹後守異浦丹後豊竹丹後少掾(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone