コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お召 おめし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お召
おめし

お召縮緬 (ちりめん) の略語で,主として着尺地に用いられる絹織物。経糸,緯糸ともに本絹の練り染糸を用い,これに糊をつけて十分乾かないうちに強い撚 (よ) りをかけ,織り上げたうえで手でもんでしぼを立て,乾燥したあと湯のしをして仕上げる。縮緬とは異なる触感があり,きわめて美しい。 11代将軍徳川家斉が好んで着用したところから「お召」の名が始ったといわれ,当初は男物和服地としても用いられていたようである。西陣塩沢,足利,結城など産地によって糸質,織り方,文様などに差がある。西陣が代表的産地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お召
おめし

お召縮緬(ちりめん)の略称で、糸の段階で精練し、先染めしたのち織り上げた先染織物の代表的なもの。縮緬は、生地(きじ)に織り上げたのち精練するが、お召では、精練が織る前の糸の段階で行われるので、しぼの状態と風合いが異なってくる。お召とは、徳川11代将軍家斉(いえなり)のとき、西陣で織る縞(しま)縮緬がつくられ、これを将軍が召したことからよぶようになったという。これが各地へ波及し、桐生(きりゅう)でも天保(てんぽう)年間(1830~44)に織り出し、そのほか足利(あしかが)、八王子、十日町、米沢(よねざわ)などの各地においても撚糸(ねんし)技術の改良があって、お召の産地が形成されるに至った。
 製織には、とくに緯糸(よこいと)にお召緯(ぬき)という特殊な強撚糸(きょうねんし)を使う。これは、緯糸の1メートル間に約300回ぐらいの下撚(したよ)りをかけ、精練と染色をしたのち、糊(のり)を固くつけ、さらに1メートル間に約1500回ぐらいの上(うわ)撚りをかける。右撚りと左撚りにした糸を、それぞれ二越(ふたこし)ずつ交互に緯糸として織り込む。そして、ぬるま湯につけて強くもんでしわ寄せをしたのち、乾燥してから湯のしをして、幅をそろえる。
 各地で生産されたお召には撚りに特色があり、用途、種類とも多いし、またお召、お召風の名を使った織物の範囲も広い。代表的なものに、無地お召、駒(こま)撚りお召、壁お召、縞絣(しまがすり)お召、風通(ふうつう)お召、紋お召や、紬(つむぎ)糸を使った上代(じょうだい)お召、化合繊と交織したお召などがあり、種類が多い。これらは西陣(西陣お召)、桐生(桐生お召)、塩沢(塩沢お召)、十日町(十日町お召)などで生産され、一般に高級着尺地(きじゃくじ)、羽織地、帯地などに使われている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

お召の関連キーワードギルランダイオシルクウール森田治郎兵衛糾明・糺明金井繁之丞橋本テツヤ召し・徴し八王子織物桐生織物伸子張り南魚沼市海御座船米沢織物付け下げ田辺 潔川御座船二重織物畳なわる貧乏隠し本塩沢

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お召の関連情報