コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森祇晶 モリマサアキ

2件 の用語解説(森祇晶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もり‐まさあき【森祇晶】

[1937~ ]プロ野球選手・監督。岐阜の生まれ。昭和30年(1955)巨人に入団。捕手として活躍し、9年連続日本一に貢献した。のち西武の監督となり、頭脳野球で8度のリーグ優勝、6度の日本一を達成、名将と評された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森祇晶 もり-まさあき

1937- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和12年1月9日生まれ。昭和30年巨人に入団。捕手。インサイドワークにすぐれ,巨人9連覇時代の本塁をまもる。実働20年,通算2割3分6厘,81本塁打ヤクルト,西武コーチをへて,61年から平成6年まで西武監督をつとめ,9年間に8度優勝,うち6回日本一を達成。13年横浜監督。17年野球殿堂入り。大阪出身。岐阜高卒。旧名は昌彦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森祇晶の関連キーワード上田利治関根潤三山田久志吉田義男若松勉大沢啓二駒田徳広佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森祇晶の関連情報