コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森義利 もり よしとし

1件 の用語解説(森義利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森義利 もり-よしとし

1898-1992 昭和後期-平成時代の版画家。
明治31年10月31日生まれ。友禅文様をまなび,染め物の図案を製作。のち柳宗悦(むねよし),芹沢銈介(けいすけ)に師事し,50歳をすぎて版画を制作。昭和31年国画会,日本板画院の会員。32年第1回東京国際版画ビエンナーレ展で次席。型染めの技法に工夫をくわえた合羽摺(かっぱずり)を創始した。平成4年5月29日死去。93歳。東京出身。川端画学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森義利の関連キーワード大薗卓篠原健治諏訪優辻隆津田秀夫中島源太郎沼正作山下和夫河野道代山田宗徧(3)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone