コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芹沢銈介 せりざわ けいすけ

デジタル大辞泉の解説

せりざわ‐けいすけ〔せりざは‐〕【芹沢銈介】

[1895~1984]染色工芸家。静岡の生まれ。柳宗悦(やなぎむねよし)らの民芸運動に加わり、沖縄の紅型(びんがた)を研究して、型絵染めを創始。また、版画・装丁・家具設計など多方面にわたって活躍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芹沢銈介 せりざわ-けいすけ

1895-1984 大正-昭和時代の染色家。
明治28年5月13日生まれ。柳宗悦(むねよし)の民芸運動にくわわる。沖縄の紅型(びんがた)を基礎に独自の型絵染めを創始。昭和31年人間国宝,51年文化功労者。昭和59年4月5日死去。88歳。静岡県出身。東京高工(現東京工業大)卒。旧姓は大石。作品に「丸紋いろは屏風(びょうぶ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せりざわけいすけ【芹沢銈介】

1895‐1984(明治28‐昭和59)
染色工芸家。静岡市生れ。1916年東京高等工業学校図案科を卒業。昭和に入って柳宗悦と親交を重ね,35年ころから民芸運動に参加,再三沖縄を訪れて紅型や赤絵を研究し,その手法をとり入れて型絵染を創始した。芹沢の型絵染は量産のための型染を超えて,型の表裏の利用,繰返しなどによって卓抜した意匠が構成される。また日本民芸館の家具設計,大原美術館の内外装,家具設計,装丁,版画など,その活動は多岐にわたり,民芸蒐集家としても知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せりざわけいすけ【芹沢銈介】

1895~1984) 染色工芸家。静岡市生まれ。東京高等工業学校卒。紅型びんがたを基礎とした型絵染めのほか、版画・装丁・家具設計などの意匠に卓抜した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芹沢銈介
せりざわけいすけ

[生]1895.5.13. 静岡
[没]1984.4.5. 東京
染色工芸家。東京高等工業学校図案科を卒業,静岡県立静岡工業試験場,大阪府立商品陳列所,静岡工業学校に勤務。1926年頃より柳宗悦と交遊をもち,国画会会員に推されて,民芸運動(→民芸)に参画した。日本の型染や琉球の紅型の美に感銘し,型染を和紙に移す技法を創案,1956年には「型絵染」の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定された。染色,装丁,挿絵,家具の設計など多方面で活躍し,1976年度文化功労者。作品は,芹沢が寄贈した静岡市の芹沢銈介美術館,大原美術館の芹沢館に多く収蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芹沢
せりざわけいすけ
(1895―1984)

染色工芸家。静岡市生まれ。東京高等工業学校図案科卒業。当初図案家を志したが、柳宗悦(やなぎむねよし)の著書『工芸の道』を読んで民芸運動に参画し、1928年(昭和3)には大礼記念国産振興博覧会で見た沖縄の紅型(びんがた)に触発されて、染色の世界に入った。紅型を基礎にした型染めによる農村風景や生活周辺の器具のほか、とくに装飾文字「いろは」「春夏秋冬」には定評があり、染色のほか、版画、装丁、家具設計、民芸品のコレクターとしても知られる。56年(昭和31)自ら創始した型絵染技法により重要無形文化財保持者に認定された。倉敷市の大原美術館の芹沢館(1963開館)、静岡市立芹沢介美術館に多くの作品が集められている。[杉原信彦]
『水尾比呂志編『芹沢介作品集』五巻・別巻一巻(1978~80・求龍堂) ▽『芹沢介全集』全31巻(1980~82・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芹沢銈介の関連キーワード村上 元彦日本民藝館芹沢 銈介今村秀太郎小川竜彦昭和時代森 義利渡辺禎雄芹沢長介村上元彦森義利

芹沢銈介の関連情報