コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植木環山 うえき かんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植木環山 うえき-かんざん

1808-1881 江戸後期-明治時代の医師。
文化5年生まれ。京都で猪飼(いかい)敬所,岩垣東園に儒学をまなぶ。郷里の丹波氷上郡(兵庫県)にかえって父祖の医業をつぐ。そのかたわら私塾学半館をひらいておしえた。明治14年3月5日死去。74歳。名は友風。別号に玉堂,班竹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植木環山の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)ホープアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学上田秋成検察ブルボン朝山田業広

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone