コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村恒朝 うえむら つねとも

1件 の用語解説(植村恒朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村恒朝 うえむら-つねとも

1701-1755 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)14年生まれ。植村正朝の次男。享保(きょうほう)14年上総(かずさ)(千葉県)勝浦藩主植村家3代となる。分家の植村千吉が殺された事件で偽りの届けを提出。このため寛延4年領地を没収され,大和(奈良県)高取藩主植村家にあずけられた。宝暦5年7月22日死去。55歳。通称は小次郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植村恒朝の関連キーワード大久保教起国包(7代)新庄直侯田村村顕藤堂高陳土岐頼煕本多忠奝牧野忠利松浦宝三宅康之

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone