コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村恒朝 うえむら つねとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村恒朝 うえむら-つねとも

1701-1755 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)14年生まれ。植村正朝の次男。享保(きょうほう)14年上総(かずさ)(千葉県)勝浦藩主植村家3代となる。分家の植村千吉が殺された事件で偽りの届けを提出。このため寛延4年領地を没収され,大和(奈良県)高取藩主植村家にあずけられた。宝暦5年7月22日死去。55歳。通称は小次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植村恒朝の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)リスボン浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩スティールフェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android