植村角左衛門(読み)うえむら かくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村角左衛門 うえむら-かくざえもん

1739-1822 江戸時代中期-後期の殖産家。
元文4年生まれ。越後(えちご)古志郡栃堀村(新潟県栃尾市)の庄屋。天明3年の飢饉(ききん)をきっかけに養蚕と紬(つむぎ)織りの改良につとめる。のち独自の縞(しま)紬を完成,製品は栃尾紬として江戸,大坂などにも出荷された。文政5年10月24日死去。84歳。名は貴渡(たかのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android