コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松考昭 うえまつ ひさあき

2件 の用語解説(植松考昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松考昭 うえまつ-ひさあき

1876-1912 明治時代のジャーナリスト。
明治9年3月生まれ。31年東洋経済新報社にはいる。天野為之をたすけて同社の基礎をきずき,36年主幹。日露戦争に従軍後の40年代表社員,主幹となり,政治改革,普通選挙制の実施を主張した。大正元年9月14日死去。37歳。石川県出身。東京専門学校(現早大)卒。著作に「自由貿易保護貿易乎」「明治史伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

植松考昭

没年:大正1.9.14(1912)
生年:明治9.3(1876)
明治時代の記者,評論家。石川県金沢生まれ。明治29(1896)年東京専門学校英語政治科を卒業し,31年,東洋経済新報社に入社。兵役による中断はあったが,雑誌『東洋経済新報』に筆をふるい,36年以降は主幹を務めた。自由主義経済の熱心な主唱者であると同時に,明治政治史への関心も深く,その方面の論文や著作もある。『自由貿易乎保護貿易乎』『明治史伝』などの著書がある。

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の植松考昭の言及

【東洋経済新報】より

…1919年10月4日号から週刊となる。植松考昭,三浦銕太郎(てつたろう),石橋湛山らが軍国主義,帝国主義に抵抗して,自由主義的民主主義の論陣を張った。そのため,第2次大戦中は厳しい弾圧にあったが,これと戦って発行を続けた。…

※「植松考昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植松考昭の関連キーワード評論家石川輝稲垣義方佐藤秋蘋関如来長谷川準也林正明原呉山森田良見山森隆

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone