コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植田清一郎 うえだ せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植田清一郎 うえだ-せいいちろう

1848-1897 明治時代の公共事業家。
嘉永(かえい)元年3月生まれ。大和(奈良県)宇陀郡(うだぐん)室生(むろう)村の農民。明治16年宇陀郡の山粕(やまがす)から萩原(はぎはら)にいたる約17kmの道路を私財を投じてきりひらく。また養蚕業などの振興に力をそそいだ。25年衆議院議員。明治30年3月29日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

植田清一郎の関連キーワード明治時代嘉永

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android