コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椿貞雄 つばき さだお

美術人名辞典の解説

椿貞雄

洋画家。山形県生。上京して岸田劉生に師事し、草土社創立同人となる。巽画会・院展二科会等に出品し、春陽会の創立に客員として参加するが、のち武者小路実篤らの提唱による大調和会創立に参加。戦後は千葉県美術会結成に尽力し、日本画制作も行なった。国画会会員。昭和32年(1957)歿、62才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椿貞雄 つばき-さだお

1896-1957 大正-昭和時代の洋画家。
明治29年2月10日生まれ。岸田劉生(りゅうせい)に師事し,草土社,春陽会,大調和会とつねに劉生と行動をともにした。昭和4年国画会会員。武者小路実篤(むしゃのこうじ-さねあつ),長与善郎(ながよ-よしろう)ら「白樺」の同人と交流があった。昭和32年12月29日死去。61歳。山形県出身。代表作に「髪すき図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の椿貞雄の言及

【明治・大正時代美術】より

…《卓上静物》《沼風景》《麗子像》や《お松像》にうかがえる,克明な写実の基礎に立って〈内なる美〉の世界を示した岸田の画業は,高橋由一の精進を継承する日本の近代が生んだ,借物ではない,自主的な写実主義の実践として重視すべきものである。岸田は草土社の同人木村荘八,中川一政(1893‐1991),椿貞雄(1896‐1957)とともに,22年結成の春陽会に加わる。 一方,大正期の官設展=文展は,二科会,再興日本美術院,草土社の独立によって弱体となった。…

※「椿貞雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

椿貞雄の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椿貞雄の関連情報