コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草土社 そうどしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草土社
そうどしゃ

大正期に岸田劉生を中心に結成された美術団体。 1915年に現代美術社主催の洋画展が開催されたが,事実上これが草土社の創立展覧会となった。同人は岸田劉生,木村荘八清宮質文中川一政椿貞雄横堀角次郎らで,22年第9回展を開催後自然解消した。精神的には『白樺』の人道主義の影響を受け,造形的には北欧ルネサンス風の細密描写を試みた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

草土社【そうどしゃ】

洋画団体。1915年現代美術社主催の展覧会を契機に岸田劉生を中心に中川一政清宮(せいみや)彬木村荘八らが創立。名は劉生の《切り通しの写生》等に見られるような草と褐色の土に由来,当時流行の印象派に反発した重厚な写実が特徴。
→関連項目フュウザン会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうどしゃ【草土社】

大正期の美術団体。1915年10月に開かれた現代之美術社主催の洋画展覧会を第1回展として発足した。会名は,路傍の雑草に宿る生命や大地の恵みに目を注ぐというところから,会の中心になった岸田劉生がつけたもの。同人は劉生,木村荘八,横堀角次郎,清宮彬,高須光治,中川一政らで,少し遅れてバーナード・リーチ,河野通勢が加わっている。劉生の影響が強く,〈内なる美〉を求め赤土の多い寂しい郊外の風景などを細密に写して宗教味を帯びる同人の画風は,近代に逆行するとして画壇から異端視されたが,《白樺》の人道主義を背景に広範に浸透し,大正期の洋画の展開に特異な一面をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草土社
そうどしゃ

大正期の洋画団体。1915年(大正4)、岸田劉生(りゅうせい)を中心とする現代美術社主催で開かれた展覧会を事実上の第1回展として発足、22年の第9回展を最後に解散。同人に劉生のほか木村荘八(しょうはち)、清宮彬(せいみやひとし)、椿貞雄(つばきさだお)、中川一政(かずまさ)、横堀角次郎(かくじろう)らがおり、のち河野通勢(みちせい)も参加した。会の傾向は、当時北欧ルネサンスに傾倒していた劉生の作風が支配的で、暗い色調と克明な細密描写を特色とし、二科系のモダニズムと明らかな対照を示した。この草土社風の写実は文芸雑誌『白樺(しらかば)』(1910創刊)の人道主義と密接な関係にあり、同時代の青年画家に多大な影響を与えた。解散後、主要メンバーは春陽会創立に客員として参加、初期にはその作風の名残(なごり)が認められる。[佐伯英里子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の草土社の言及

【明治・大正時代美術】より

…なお院展洋画部からは,二科展に出品した関根正二とともに,日本の青春ともいうべき大正期の象徴的存在である村山槐多が出ている。 大正前期の洋画界を二科会と二分するほどの影響力をもったのが,岸田劉生と彼がリーダーとなって結成(1915)した草土社であった。《卓上静物》《沼風景》《麗子像》や《お松像》にうかがえる,克明な写実の基礎に立って〈内なる美〉の世界を示した岸田の画業は,高橋由一の精進を継承する日本の近代が生んだ,借物ではない,自主的な写実主義の実践として重視すべきものである。…

※「草土社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草土社の関連キーワード明治・大正の美術横堀 角次郎土屋 義郎木村 荘八岸田 劉生河野 通勢中川 一政鳥海 青児宮崎 丈二鳥海青児椿 貞雄土屋義郎清宮 彬伊藤弥太春陽会

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草土社の関連情報