コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠藤吉左衛門 なんとう きちざえもん

1件 の用語解説(楠藤吉左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠藤吉左衛門 なんとう-きちざえもん

1654-1724 江戸時代前期の治水家。
承応(じょうおう)3年生まれ。阿波(あわ)(徳島県)名東郡(みょうどうぐん)島田村の庄屋。鮎喰(あくい)川堤防沿いに水源地を発見し,私財を投じて灌漑(かんがい)用水路工事をおこない,元禄12年田畑300haをうるおす袋井用水を完成させた。享保(きょうほう)9年死去。71歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠藤吉左衛門の関連キーワード後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら油煙斎貞柳フェリペフェリペ[5世]近松門左衛門オリンダクリスティーナ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone