コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠藤吉左衛門 なんとう きちざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠藤吉左衛門 なんとう-きちざえもん

1654-1724 江戸時代前期の治水家。
承応(じょうおう)3年生まれ。阿波(あわ)(徳島県)名東郡(みょうどうぐん)島田村の庄屋。鮎喰(あくい)川堤防沿いに水源地を発見し,私財を投じて灌漑(かんがい)用水路工事をおこない,元禄12年田畑300haをうるおす袋井用水を完成させた。享保(きょうほう)9年死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楠藤吉左衛門の関連キーワード承応

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android